WordPress

簡単にサイトマップを作れる「PS Auto Sitemap」の使い方

2020年11月25日

ブログにサイトマップを設置するれば、ユーザーが使いやすくなり、SEOにも有効です。

WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」は一度設定すればあとは自動で記事をサイトマップに追加してくれるので、初心者だけでなく、WEB制作者もよく使っているプラグインです。

このブログでも実装してみたので紹介します。

PS Auto Sitemapの設定方法

プラグイン自体は、WordPressのプラグイン新規追加から「PS Auto Sitemap」で検索すれば出てきますのでインストール&有効化してください。

①サイトマップを表示する記事を作成

サイトマップを表示するには固定ページとIDが必要です。

まずは固定ページに「サイトマップ」という空っぽの記事を新規作成。

作成した「サイトマップ」の編集画面に表示されいるURLをコピーしておきましょう。

URLに表示される数字の部分をコピーしておく
/wp-admin/post.php?post=114514&action=edit

②プラグインの設定

「設定」→「PS Auto Sitemap」

先ほど保存した数字をサイトマップを表示する記事の欄にペースト。

除外カテゴリ除外記事の欄にIDを入力すれば、サイトマップには表示さたくないカテゴリや記事も設定できます。

設定が完了したら変更を保存してください。

最後に下記のコードを記事に貼り付ける必要がありますので、コピーしておきましょう。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

設定画面の一番下にもあります。

③記事にコードを貼り付けて完了

コピーしたコードを記事に貼り付けて完了です。実際に表示されているか確認しましょう。

注意点として、ビジュアルモードで貼り付けても表示されないので、HTMLモードで貼り付けて下さい。

「ビジュアル」ではなく右の「テキスト」タブに変更してから貼り付け。

普段からずっとビジュアルエディターを使っている初心者がやりがちなミスです。

④サイトマップのデザイン変更

設定画面の「スタイル変更」からサイトマップの見た目を変更できます。

色々なデザインから選べるので、サイトに合ったデザインにしましょう。

基本的にあまり見られるページではないので、個人的にはシンプルでいいと思いますが。

まとめ

最初の設定さえ出来れば、あとは勝手に書いた記事をどんどん自動で追加してくれるので、自分で追加する必要はありません。

企業やお店のWEBサイトには、サイトマップを作ることでユーザーの利便性の向上を図れます。

SEOにも効果がある…かもしれない(;・∀・)

雑記ブログだと正直微妙かもしれませんが…

個人的にはあまりサイトマップは見ない派なんですが、無いよりはあったほうがいいので、サイトを作ったらとりあえず作成しておきましょう。

-WordPress

Copyright © Silence-log , All Rights Reserved.