ブログ運営

【ブログ初心者向け】エックスサーバーとロリポップの比較

2021年7月29日

エックスサーバーとロリポップ、ブログ初心者におすすめのサーバーはどっち?

  • ロリポップとエックスサーバーのコスパは?
  • 速度はロリポップとエックサーバーどっちが速い?
  • ブログ初心者が選ぶならどっち?

「ブログ初心者におすすめのレンタルサーバー」といえば…

どのサイトを見ても「ロリポップ」と「エックスサーバー」が必ずと言っていいほど出てきます。

高性能のエックスサーバー or 安くてコスパの良いロリポップ…結局どっちがオススメ?

初心者が個人で契約する場合、どちらがオススメか解説します。

初心者向けの結論「ロリポップで十分」

はっきり言って完全初心者の場合、エックスサーバの性能を持て余す可能性が高いです。

忙しい人向けに、いきなり結論を言うと…

ブログ初心者ならロリポップでOKです。

料金が安いのに、圧倒的なコストパフォーマンスで、企業も普通に利用しているサーバーです。

昔は「ロリポップ=安いサーバー」というイメージでしたが…

今は「ロリポップ=安いのに高性能」となっており、多くの人にオススメできるサーバーになっています。

初心者にも分かりやすい管理画面・サポート体制が揃っているので、最初のサーバー選びはロリポップが大安定です。

まずはスタンダードプランからでも良いですが、「副業としてブログで稼ぎたい」という人はロリポップのハイスピードプランをオススメします。

10日間無料

ロリポップ!の詳細を見る

コスパ最強レンタルサーバー

エックスサーバーとロリポップの費用・性能比較

以下、エックスサーバーとロリポップで一番人気のプランの比較です。 (明らかに優れているところを赤文字にしています)

  エックスサーバー(スタンダード) ロリポップ(ハイスピード)
 初期費用 3300円 無料
月額費用 12ヶ月:1,100円
24ヶ月:1,045円
36ヶ月:990円
12ヶ月:825円
24ヶ月:693円
36ヶ月:550円
バックアップ機能 無料でバックアップ機能搭載 無料(復元は有料)
転送量 600GB/日 900GB/日
ディスク容量 300GB 320GB
サーバーソフト Nginx Lite Speed

サーバー費用の比較

  エックスサーバー(スタンダード) ロリポップ(ハイスピード)
 初期費用 3300円 無料
月額費用 12ヶ月:1,100円
24ヶ月:1,045円
36ヶ月:990円
12ヶ月:825円
24ヶ月:693円
36ヶ月:550円

サーバー費用は見ての通り、ロリポップが優れています。

更にエックスサーバーは3300円の初期費用が発生するため、値段だけ見ればロリポップ(ハイスピード)の圧勝。
※ただ、エックスサーバーは不定期で「初期費用0円」キャンペーンをやっているので、キャンペーン期間は少しお得です。

12ヶ月契約ではそこまで差がありませんが、36ヶ月契約で比較すると月額の差額が440円になります。

36ヶ月契約をするならロリポップのハイスピードプランを選んだほうが圧倒的にコスパが良いです。

バックアップ機能の比較

  エックスサーバー(スタンダード) ロリポップ(ハイスピード)
バックアップ機能 無料でバックアップ機能搭載 無料(復元は有料)

バックアップ機能はエックスサーバーが優れています。

エックスサーバーはWeb・メールデータは7日前、MySQLデータベースは14日前まで自動でバックアップしてくれます。

何かトラブルがあった時も、無料で復元できます。

一方、ロリポップも無料で自動バックアップされますが、復元は有料。

復旧手数料で11,000円必要なので、無料で復元できるエックスサーバーには劣ります。

(11,000円で大切なサイトが復旧できるなら安いものですけどね…)

ちなみに、ロリポップのスタンダード以下のプランでは自動バックアップすらありません。

サイト速度の比較

スピードは流石にエックスサーバーのほうが速い…

と言いたいところですが、実はあまり変わりません。

むしろ数値上はLiteSpeedを使っているロリポップが優勢です。


参照元:WordPress Performance by Server

エックスサーバーはLiteSpeedより遅いNginxを採用していますが、独自の機能(Xアクセラレータ)でLiteSpeedにも劣らないパフォーマンスを出しています。

どちらのサーバーも使っていますが、サイトスピード計測の点数ではややロリポップが有利。

体感スピードはほぼ変わらない…といった感じです。

大量アクセスが来ても安心なのはどっち?

  エックスサーバー(スタンダード) ロリポップ(ハイスピード)
転送量 600GB/日 900GB/日

大量アクセスに強いのはエックスサーバーです。

「え?転送量が多いロリポップのほうが安定なのでは…?」と思うかもしれませんが、この数値はあくまで目安です。

これは僕が実際に複数のサイトを運営してみての体感ですが…

実際のアクセス集中時に処理が安定しているのはエックスサーバーです。

エックスサーバー自体が安定性を売りにしていますし、今後も「安定性No.1」の地位はまだまだ揺るがないと思います。

ただし…普通の企業サイト・ブログでサーバーが落ちることはまずありません。

昔のロリポップは非常に不安定だったのですが、2021年現在ではかなり安定しています。

僕は月間5万PVのゲーム系ブログをロリポップで運営していましたが…

ハイスピードプランよりスペックの低い、スタンダードプランですら安定してブログを運用できていました。

月間10万PV超えたくらいでようやく、ロリポップのハイスピード、またはエックスサーバーを検討する感じです。

ぶっちゃけて言いますが…ほとんどのサイトはロリポップのハイスピードプランで全く問題ないです。

理由はもちろん、大量にアクセスを集めるブログを作れる人が少ないからです。

ただし、短時間にアクセスが集中するニュース・トレンド系のブログは絶対にエックスサーバーがオススメです。

初めからアクセスが集中することを想定しているサイトでは、より安定性の高いエックスサーバーといった感じですね。

この辺の事情もあって、僕が仕事で作るサイトではロリポップよりもエックスサーバーを選ぶ場面が多いです。

ブログ初心者なら基本的にはロリポップでOK

とりあえず選んでおけば間違いないのはエックスサーバーですが…

ブログ初心者の人は月額のサーバー費用も馬鹿になりませんよね。

「俺のブログは将来絶対に100万PVになる!」という自信家の人は、いきなりエックスサーバーもアリですが…まず無理なのでオススメはしません(笑)

36ヶ月契約ができるなら、ロリポップのハイスピードプランが圧倒的にコスパが良くてオススメです。

短期契約でとりあえず様子を見たい…という人は、ロリポップのライトプラン・スタンダードプランから始めるのもアリですね。

-ブログ運営

Copyright © Silence-log , All Rights Reserved.